« OQO 無線LAN 感度不足の解決策 | メイン | 「システム手帳新入門!」を読んで »

2005.04.03

コメント

おお、これ面白いですね。気がつきませんでした。

自分でもTP600Xに入れたminiPCIの54gカードには自作のアンテナ
付けてて、簡単なものでも付ければ十分使い物になることは分かって
たんだけど、OQOではやってませんでした。折角外部端子があった
のに。。。早速試してみようと思います。

ろばみみさん こんにちは!
意外と効果があるので、私もびっくりしています。
OQOのアンテナの設計がいかに悪いかが良くわかります(^^;

すごい違いですね。こんなに変わるって事は一応きちんとした物は使っているけど設計が…って事なんでしょうかね。

OQOの内部にアンテナ仕込む事もできそうですか?

kuroさん 毎度どうも!

 無線LANの回路はOKでも、アンテナの実装設計が悪いんじゃないかと思っています。せっかく内蔵アンテナがあるのに筐体との距離が近すぎるのか、筐体で電波がふさがれてしまっているのか、何かそういうような原因があるように思えます。
 こういう類の電子機器は内部回路からのノイズを筐体外に放出しないように、シールドしたりしています。しかし、無線LANやbluetoothの電波は筐体の外に飛ばさないといけない。結構、矛盾したことを設計しなければなりません。そこがうまくいってないように思えます。

この記事へのコメントは終了しました。