« MobilePress誌の打ち上げ | メイン | 702NK(6630)で使えるRS-MMCカード »

2005.01.24

コメント

外国を経由してかける格安電話の電話番号通知システムを悪用した物と思われます。
コールバックで、一度外国に掛けて 外国から相手先と自分に電話してもらう物があり そのときの発信もとの電話番号は登録された(警察署等で登録する)電話番号になる仕組みです。
最近は、国内通話が安くなって注目を浴びなくなりましたが、そういった使い方もあったのかと・・・・

rgbさん さすがもの知りですねえ。ありがとうございます。
そういうのがあったんですね。
国内通話よりも海外からかけるのを組み合わせたほうがやすい時代があったなんて、とても不思議ですね。そういう理解で良いんでしょうか? (^^;

今でも、特別な割引の無い回線に比べれば安くなるのですが、IP電話であれば距離は関係ありません。
東京と、大阪のように県単位で電話へのゲートウエィを作ってしまえば 全て市内料金になります。
日本にその本体をおくと通信法に属する業者としての登録が必要ですが海外の場合それも基本的に必要ありません。
そして、市内通話*2+αを請求すれば理論上儲かるわけです。
ちなみに直接繫がないのは、繫いでしまうと通信法の範疇になるからだと思ってたのですが・・・・・
海外では、番号を入れて 暗証コードをいれ それから接続先の番号を入れる方法が一般的ですよね

初めてコメントさせていただきます。オフ会で触らせてもらったOQOの「アツイ感触」がまだ手に残っています…。
電話の件ですが、「安子の電話」とかいうサービスのようなものを使ったりするのでしょうかね…?
私の過去の日記でも少し書きましたが、なんか怪しい感じだなぁ…と思っていました。

自己レスです。安子の電話だと、
「クレジットカードでのお支払いを御了解頂きましたお客様で、かつ当社に事前にご利用電話番号(一般加入電話/携帯電話)の登録をされた方のみにご提供する通信サービスです。」
って書いてあるので、発信者番号の偽装は出来ないカモですね。
失礼しました...。

uttiiさん こんにちは!
あはは、「アツイ感触」とはいい表現だなあ(笑)

そうですか、電話関連ではいろんな仕組みの製品やサービスが出ているんですねえ。やはり少しでもやすく電話がかけられるというニーズは、ずっとありますからね。

この記事へのコメントは終了しました。