« 欧州の旅客機内、携帯電話が利用可能に | メイン | 届いた »

2008.04.09

コメント

それでもフリーオが登場しなければもっと遅れていたのかもと思うとなんとも情けない限りですが。
それにしてもB-CASカード、邪魔ですねぇ。著作権保護的な意味だけでなく物理的なサイズ的にも。
…これがもしケータイのSIMサイズだったら、USBワンセグチューナーサイズに収まって、コピー制限付きながらなんだかんだでもう少し普及してしまったのかもと妄想しておりました。

で、先日うちにもフリーオが届きました(笑)

千寿荘さん こんにちは!
フリーオ、購入されましたか!
お仲間ですね(^^)v
たしかにB-CASカードのでかさ。はっきり言って不要ですね。
まったくユーザ視点でものを考えていないことの象徴ではないでしょうか?それか、古い、古い頭でしかものを考えられないのかのどっちかでしょう。

考えてみれば、ワンセグケータイにB-CASは不要なわけです。古い頭では追従できなくて、ワンセグは、勢いのあるケータイの業界に押し切られたのでしょうね。
馬鹿な話です。

この記事へのコメントは終了しました。