« Intel Ultra Mobile Platform 2007 | メイン | 薄さ12mmの電子ペーパー搭載情報端末 »

2007.04.19

コメント

ニュースリリースを読んでみたのですが、500mAを越えて供給できるようになる、
ということなのでは?
2.5mAというのは気づきませんでしたが、通常は100mAでネゴシエーションして
ハブ側と周辺機器側で合意に至った時だけ500mA流せるというのが当初の
規格だったはず。でも、現状はPC本体内蔵のハブなんかだと常時500mA
(それ以上もあり)流せるようになってるみたいです。
で、この際だから500mA以上がほしい機器向けにちゃんと規格を決めて、
USBチャージャーとか高出力をうたったハブとかを用意できるようにした。
ってことだと理解してます。

RIKIさん こんばんは!
ご指摘ありがとうございます。
おっしゃる通りです。ごめんなさい。数字を間違えていました。訂正いたします。

マイクロ波送電で使用中のBlueToothヘッドセットの充電ができるようにしてもらいたいです(藁

SATOKENさん こんばんは!
私もそれほしい!
でも給電するときに、ヘッドセットを突っ込んでいる耳まで焦がさないでね(^^;

この記事へのコメントは終了しました。