« また鳥取に来ています | メイン | CELLULAR-BOOK »

2007.02.07

コメント

IBM PC 出しておきながら MCA, PS/2, OS2 に逆戻りして損した某社のような事にならないように携帯業界が健全になってくれる事を祈りますわ。モゴモゴ。 ちょっと酔ってます。(藁

今の世の中、すべてが共有化という文字がトレンド
でしょう。
YouTube、stage6を見てもこの流れは変えられません。
だからこそiPODも生き残りのためにDRMを捨てたのだと
思います。これでiPODは生き続けますね。

SATOKENさん こんばんは!
あら?コメントいただく先が違うかも、、(笑)
携帯業界、本当に健全になってほしいものです。

すぎもっちさん こんばんは!
確かに、それ、トレンドですね。
アップルがDRMを捨てるといっても、契約の関係で4大レーベル側が捨ててくれないとダメでしょうけど、それにしてもジョブスが言うと何でこんなに説得力があるんでしょうね。(^^;

Buenas noches! kei_1さん、どうもです。
投稿先間違えてましたね Oiga!!(汗
僕の場合iTunes日本版が出てから購入した楽曲は嫁が選んだ物も含めて1万円未満でした。iPODは購入してないので、真面目にパソコンで聞いていましたが、自慢の大陸製無印Playerでは もっぱら オーソドックスにCDからMP3へ変換した楽曲を楽しむのがメジャーです。
iPODのオーナーでさえも iTunesから購入した楽曲よりも別の方法で取り込んだ楽曲を楽しんでいる人のほうがはるかに多いかもしれませんね。そういった意味では
DRMはマイナーであって撤廃したとしてもユーザーにとっては痛くも痒くも無く、最初から時代の遺物なのかもしれません。

SATOKENさん こんにちは!
あら?スパニッシュで書いてくれたのかな?
私読めない(爆)
DRMの話、おっしゃる通りです。なくてもユーザは何も困らないし、ないほうが利便性があがりますね。音楽業界もそろそろ考えないといけない時期でしょう。

この記事へのコメントは終了しました。