« うちあげ | メイン | 海外ケータイを日本で契約する方法 »

2006.03.23

コメント

子供を守るためのいろいろなアイテムが各社から出てきていますが、ウィルコムもPHSの強みを見せてくれて何よりです。
ただ、私が気になっていることはやはりエリアの狭さです。人口カバー率は99%近くで十分高いはずですが、私が実家に帰る1時間ほどの山道には複数の集落や小中学校、幼稚園があるのですが、山間部のせいかまだウィルコムの通話エリアに含まれていません。(私も送受話できません)。
都市部できめ細やかに位置がわかるのは良いことでしょうが、犯罪のターゲットになりそうな人目の少ないさびしい場所での連れ去りに対しての有効性は残念ながら疑問符をつけざるを得ません。山間部に入ってしまえば位置情報は得られなくなってしまうからです。
厳しい意見かも知れませんが、田舎に住んでいるものにとってはまだこのサービスの恩恵は十分には受けられないかも知れません。

千寿荘さん こんばんは!
確かにPHSは都会型のシステムであり、人口密度の低いところには効率が悪いので設置されにくいですよね。もちろん、私はPHS方式がオールマイティだなんていうつもりは最初からありません。
山間部などではGPSの受けはどうでしょう?ビルの谷間ではGPSはビルの電波の乱反射で使いにくいという決定的な弱点があります。しかも、GPSはビルの中に入ると測位が出来ませんよね。PHSはそうした場合でも測位システムとして使うことが出来るのも都会に向いている点だと思います。
逆にGPSとケータイの組み合わせのほうが山間部に向いているんじゃないかなあ。適材適所で考えるしかないと思います。

この記事へのコメントは終了しました。